2022年度 【新規・更新】既存住宅状況調査技術者 対面講習

概要

  平成30年4月の宅建業法の改正に伴い、既存住宅の売買契約の際の重要事項説明において建物状況調査を実施したかどうか、また、実施した際には結果の概要等を買主に説明することが義務づけられました。その際の、建物状況調査(インスペクション)を行うことが出来る資格が「既存住宅状況調査技術者」です。

「既存住宅状況調査技術者」は、改正宅建業法の重要事項説明時の建物調査を実施する資格だけでなく、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」のインスペクションを行うことができる資格や、住宅金融支援機構のフラット35(中古住宅)、財形住宅融資(リ・ユース住宅)及びリフォーム融資希望者等の依頼に基づき、基準に適合しているかどうかの判定業務を行うことのできる「適合証明技術者」の登録要件にもなっている資格です。また、既存住宅個人間売買瑕疵保証責任保険の瑕疵保証検査や、延長保険のための現況検査を自主検査することができる資格にもなります。

 当協会は、国土交通省『既存住宅状況調査技術者』登録講習実施機関として登録(登録No.4 )を受け、講習会を開催しております。(過去5年間の合格率97%!)

講習修了者には、調査用帳票類や、調査の実務で活用できるツール等を当協会の専用ホームページよりご提供しておりますこの機会に、ぜひお申込み下さい。

 なお、本講習は建築士会CPD認定プログラムとなっておりますので、受講記録をCPD単位として登録出来ます。

 WEBでの講習(e-ラーニング)をご希望の場合は「【新規】【更新】WEB講習」よりお申込み下さい。

 

 セミナー詳細についてはこちらからPDF印刷ができます

プログラム

科目

内容

時間
新規 更新

オリエンテーション・講師挨拶

5分

-

既存住宅状況調査の概要等(1)

・用語について

・公正な業務実施のための遵守事項

・情報の開示

・既存住宅状況調査の概要(技術者の役割、調査業務の流れ、調査内容)

60分  -
既存住宅状況調査の技術的基準等(1)

・検査機器

・調査報告書の記入例

60分  -

オリエンテーション・講師挨拶

5分 5分
既存住宅状況調査の概要等(2)

・不動産流通市場の現状と国の取組状況

・既存住宅の売買時における調査結果の活用

・既存住宅状況調査の概要(基本原則、調査項目・調査範囲、耐震性の確認)

60分 60分 
既存住宅状況調査の技術的基準等(2)

・既存住宅状況調査方法基準とその詳細(調査項目、調査範囲)

・既存住宅状況調査方法基準とその詳細(木造、S造)

・既存住宅状況調査方法基準とその詳細(RC造)

・既存住宅状況調査に付随する非破壊検査その他の調査

・検査機器【最新機器紹介】

・住宅の瑕疵の事例

120分 120分

修了考査

40分

お知らせ(技術者検索サイト)

10分

その他注意事項

5分

新規・更新講習は同会場で実施します

【新規】受講時間 9:00~17:20(途中休憩時間含む)

【更新】受講時間 12:25~17:20(途中休憩時間含む)

・既存住宅状況調査技術者講習の義務付け科目・内容:【新規】5時間 【更新】3時間

受講料

種別 受講料(税込)
【新規・会員】「初めての受講」または「有効期限が切れている方」 19,800円
【新規・一般】「初めての受講」または「有効期限が切れている方」 19,800円
【更新・会員】「既存住宅状況調査技術者」取得者 13,200円
【更新・一般】「既存住宅状況調査技術者」取得者 13,200円

受講資格

<受講要件>

【新規】一級・二級・木造建築士の資格取得済みの方

【更新】「既存住宅状況調査技術者」取得者(修了証明書が有効期限内) ※有効期限を過ぎた方は「新規」での受講となります

 ※施工管理技士の資格による登録の方は対象外となります。

 

お申し込みに関する特記事項

注意事項

※受講に関して建築士事務所登録の有無は問いませんが、建物状況調査業務を行うにあたっては建築士事務所登録が必要となります。

※既存住宅状況調査技術者講習修了考査に合格した方は、当協会ホームページの【既存住宅状況調査技術者】に、

 氏名・勤務先名称・所在地及び電話番号・修了証明書の証明書番号及び有効期限を公表します。勤務先名・住所・電話番号が公表不可の場合は、協会までご連絡下さい。

 特に個人でお申込みの方(「会社名」「会社住所」に個人名・ご自宅住所を入力する場合)で、住所・電話番号をHPに公表しない場合は、受講当日にご連絡下さい。

ご提供いただきました個人情報は、当協会ホームページに掲載する【個人情報の取扱いについて】にて適切な保護に努めます。

 

《お申込み前にご用意頂くもの》

お申込みの際、建築士免許証・証明写真等を添付して頂きます。また、建築士免許証の登録番号などの入力もございますので、あらかじめ下記のご用意をお願いいたします。

コース ご用意頂くもの

【新規】・初めて受講されるかた

    ・「既存住宅状況調査技術者」の資格有効期限を過ぎたかた

・建築士免許証(PDF形式)

・証明写真(無帽・正面・上三分身・無背景(JPG形式))

【更新】・「既存住宅状況調査技術者」取得者(修了証明書が有効期限内

・建築士免許証(PDF形式)

・証明写真(無帽・正面・上三分身・無背景(JPG形式))

・取得済みの修了証明書(又は登録カード)(PDF形式)

お申し込み後受講票が届かない場合

講習会の3日前までに受講票が届かない場合、下記までご連絡下さい。

受講要件を満たしていない場合のお申し込みの扱い

受講要件を満たない方のお申し込みは、講習料から振込手数料を除いた額を返金させていただきます。

スライド

講習会実施日以後7日間は、後日予定されている同講習会にスライド(受講日変更)が可能です。その場合、キャンセル料は発生いたしません。

 申込者様のご都合によるキャンセル

お座席を確保させて頂く都合上、基本的に受け付けておりませんが、怪我・病気等の理由によりやむを得ずキャンセル等をされる場合は、開催日前日まで受け付けております。

その場合はマイページからキャンセルの手続きをお願いいたします。

キャンセル料は開催日から起算して下記日にちより発生しますので以下のキャンセル料と振込手数料を除いた金額を指定口座に返金させていただきます。

キャンセル日

キャンセル料

~8日前

受講料の0%

7日前~前日

受講料の100%

当日(不参加含む)

受講料の100%

(講習会実施以後7日間はスライド(受講日変更)が可能です、8日以降はキャンセル扱いとなります)

本協会の都合による場合

天災、交通手段の事故・ストライキ、暴動、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言、病気等により講師が担当できない場合、やむを得ず中止させていただく場合があります。

その場合、お支払いただいた参加費の全額をお客様の指定口座に返金させていただくか、後日予定されている同講習会を受講できるものとします。

その他

※受講者数が各会場10名に満たない場合は、開催を中止することがあります。

※修了証の再発行手数料は 1,100円/枚となります。

開催日一覧

開催日 場所 会場 申込締切 定員 受付状況
2022年07月12日 東京 (一社)日本木造住宅産業協会 6階会議室
東京都港区六本木1-7-27 全特六本木ビル WEST棟6階
2022年07月04日 - 締切
2022年09月16日 富山 ボルファートとやま 「琥水の間」
富山市奥田新町8-1
2022年09月04日 - 締切
2022年10月21日 愛知 イオンコンパス名古屋駅前会議室 ROOM「A」
名古屋市中村区椿町18-22 ロータスビル5階
2022年10月11日 - 締切
2022年10月25日 東京 (一社)日本木造住宅産業協会 6階会議室
東京都港区六本木1-7-27 全特六本木ビル WEST棟6階
2022年10月17日 - 締切
2022年11月25日 大阪 リファレンス大阪駅前第4ビル貸会議室 「2317」
大阪市北区梅田1丁目11-4 大阪駅前第4ビル 23階
2022年11月15日 - 締切
2022年12月16日 福岡 リファレンス駅東ビル貸会議室 5階『Ⅴ-6会議室』
福岡市博多区博多駅東1丁目16-14 リファレンス駅東ビル
2022年12月06日 20名 お申込
2023年02月21日 東京 (一社)日本木造住宅産業協会 6階会議室
東京都港区六本木1-7-27 全特六本木ビル WEST棟6階
2023年02月13日 40名 お申込

お問い合わせ先

講習会の内容、WEB申込ができない場合は下記にご連絡をください。

(一社)日本木造住宅産業協会 生産技術部  TEL:03-5114-3013  FAX:03-5114-3020  Mail :1018seisan@mokujukyo.or.jp

※当日は筆記用具をご持参下さい。(鉛筆、消しゴム、ボールペン、マーカー、付箋、等)