2022年度『木造ハウジングコーディネーター』WEB更新講習

概要

木造ハウジングコーディネーターは資格取得後、初回は3年後、以降は5年毎に更新が必要となります。
更新手続きをされない方は自動的に資格休止扱いとなります。

【注意】資格休止中は、「木造ハウジングコーディネーター」の資格名称は使用できません。必ず更新をしてください。

 

2019年度(令和元年度)に新たに資格を取得された皆様、及び2017年度(平成29年度)に資格を更新された皆様は、資格更新の時期となります。

※お手元の認定カードの有効期限が2023年3月の方は更新対象となります。

 また、それ以前に有効期限が切れている方も、更新することができます。現在お持ちの認定カードの有効期限をご確認ください。

※なお、資格休止中の有資格者で認定カードを紛失等された方は、こちらに照会ください。

 

 

更新手続きの流れ

 

※テスト合格後、5日以内にご入金ください。

             5日間を過ぎると自動キャンセルとなりますのでお気を付けください。

 ①更新講習の申込受付後、WEB講習用URLをメールにて配信いたします。

   ②同メールにありますWEB講習用のユーザーIDとパスワードを入力の上、講習テキスト(1~3)をダウンロードして学習してください。

   ③WEB更新テスト(全20問)へお進みください。7割以上の正答率で合格されますと、更新手続きが可能となります。(7割に満たない場合は再テストできます。)

 ④テストに合格後、お支払いの手続きに進みます。銀行振込またはコンビニ支払をご選択の上、受講料をお支払いください。

 ※申込を完了するには、お支払い最終画面の「ショップに戻る」ボタンを必ずクリックしてください。

 ⑤お支払い完了後に、「【木住協講習会】お支払いを確認いたしました」メールが配信されます。こちらのメール受信をもって更新手続き完了となります。

  ※必ず期間内にお手続きをお済ませください。

  ※テストに合格されても、ご入金がなければ更新手続き完了とはなりませんのでご注意ください。

 

 

プログラム

【WEB更新講習】

   ■テキスト1・2・3

    第1章 営業編:2021年度林業白書、木材流通関連の成長産業化と需要の創出、新たな住生活基本計画、SDG'sの概要、平成28年熊本地震の状況
    第2章 技術編:木造軸組構造の壁の構成、断熱ガラス、家屋に被害を与えるシロアリとその対策、気密施工の必要性とチェックポイント

   ■テスト:全20問

  

 

認定カードの発行について

認定カードは、期間内に更新手続き完了後「2022 年度木造ハウジングコーディネーターテキスト」と併せて発送いたします。

なお、期間内にお手続きいただけない場合、翌年度の更新講習まで資格休止となりますので、あらかじめご承知おきください。

また、期間内にお手続きいただけない場合、認定カードの交付は翌年度の更新講習手続き完了後となります。

※3月以降に住所が変更となる場合は、必ずご連絡ください。ご連絡が無い場合、認定カードをお届け出来ないことがございます。

 

受講料

種別 受講料(税込)
WEB講習コース 3,300円

受講資格

・2019年度(令和元年度)「木造ハウジングコーディネーター資格」取得者及び2017年度(平成29年度)同資格更新者

・お手元の認定カードの有効期限が2023年3月の方は更新対象となります。

 また、それ以前に有効期限が切れている方も、更新することができます。現在お持ちの認定カードの有効期限をご確認ください。

※なお、資格休止中の有資格者で認定カードを紛失等された方は、こちらに照会ください。

 

お申し込みに関する特記事項

開催日一覧

開催日 場所 会場 申込締切 定員 受付状況
2023年01月20日

2023年03月12日
WEB 2023年03月12日 - お申込

お問い合わせ先

講習会の内容及びお申込み手続きに関して
 
(一社)日本木造住宅産業協会 研修部
TEL:03-5114-3016  FAX:03-5114-3020